Entries

鉄道廃止路線の活用法

廃線跡に茨城県などがバス専用道、茨城空港へのアクセスに

 廃線となった茨城県・鹿島鉄道の線路跡約7キロの区間をバス専用道とし、民間バスを走らせる「バス高速輸送システム」(BRT)を、県などが導入する。

 茨城空港(小美玉市)への交通手段の一つとして、2010年3月の開港に間に合わせる計画だ。

 民間が独自に取り組む例はあるが、国土交通省などによると、自治体が公道として整備する「公設民営方式」は全国初。ローカル線の廃線が相次ぐ中、新たな試みとして注目される。

 鹿島鉄道は石岡市―鉾田市27・2キロを結ぶ私鉄だったが、乗客減から昨年3月に廃線となった。現在は、一般道で代替バスが運行されているが、渋滞などで利用は伸び悩んでいる。BRTは、バスの発着時間が鉄道並みに守られるほか、並行する国道の渋滞緩和にもつながる。維持管理費も鉄道より大幅に安い。

 線路跡地は、鹿島鉄道の親会社である関東鉄道(本社・同県土浦市)から無償譲渡される方向でほぼまとまった。バス運行には同社の関連会社が候補に挙がっている。県などは、線路跡を舗装、一般道との交差点にはバス優先の信号機を設置するなどの整備に、事業費約6億8000万円を投入する予定だ。
(2008年11月18日03時54分 読売新聞)


ほう、廃線利用してそこへバス専用道路設置ですか。
こういう発想は無かったですな。
たしかに、鉄道路線の土地も有効活用出来ますし道路渋滞の激しい場所では
定時運行も出来るとあって地域住民にも優しいわけですな。
途中、原則的に信号も無くなるわけでこういう交通システムは画期的かも。
路線撤廃がすすむ地方での足として有効活用されてほしいものですね。
関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://frommii.blog28.fc2.com/tb.php/458-7a97aa13
当ブログへのトラックバックは記事もしくはブログトップへのリンクが必要となります。
また、当ブログへのリンクの無いトラックバックは削除する事があります。あらかじめご了承ください。

0件のトラックバック

0件のコメント


コメントの投稿

現在"http://"を投稿規制しております。URL記入の際はhttpを抜きにしてご記入ください。
投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Mii

Author:Mii
Odinサーバーで活躍中のミスラです。
狩シ赤と60まで上げてきましたが、どうやら赤魔が性に合っているようです。

ツイート

OdinLinks

月別アーカイブ

08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索