Entries

X220をディスクレス化した

職場のノートPCがシステム領域満杯になってきたので、SSD追加してみた。
ThinkPad X220はどういうわけか、mSATAスロットがあって、ここにmSATAのSSDをぶち込めるようになっている。

今までは、2.5スロットに64GBのSSDと、USBでHDDをつなげる形で開発作業していたんだけど、外出とかになると、このUSBHDDが地味に邪魔なのでなんとかしたいという気持ちはあった。
んでまあ、最近になって64GBじゃシステム容量足りなくなって来たわけで、こいつはどうにかしないとあかんなー、ってことで、1枚SSDを追加にあいなったわけですな。
SSDも安くなったもんで、今じゃ128GBが12980円とかで買えちゃう。
それもプレクスターの高速モデルがね。
んで、mSATAがあいてるわけでPX-128M5Mってのを買ったわけだ。

まずはmSATAスロットに新調したSSDをぶっこみ。
64GBのデータからパーテーションコピーツールつかって、128GBへ転送。
その後、64GBをフォーマットしてHDDから主要なデータを持ってくる。
画像や音楽などのメディアデータを除いたら、データは20GBしかなかったよ。
システムエンジニアが扱うデータなんて、たいしたことないなーと改めて思うw
メディアデータはそのままHDDに残しておく。
特に外出に必要無いデータだし、60GBしかない貴重なSSDエリアを音楽とかだけで20GBも使ってしまうのは非常にもったいないからね。

んで、残ったHDDはウルトラベースの光学ドライブ部分にマウンタかまして装着。
今までは外にHDDごと持ち出す必要があったから、取り出しが大変なウルトラベースに入れなかったけど、今は内蔵ストレージに余裕が出来たので、気兼ねなくベースにぶち込める。
これでUSBストレージともおさらばだ!
HDDはバックアップ件メディアデータ用として、これからもベース内部でがんばってもらおう。

これにてX220のディスクレス化完了。
外出時も、さっとベースから取り外してインナーごとカバンにぶち込めばOK!
今まではUSBのHDD持って行くかどうかの葛藤があったけど、もうその心配もないw
衝撃によるデータロスリスクも減っただろうし、外に行く手間も減ったとなって、よりモバイル端末として便利になったように思う。
道具なんて便利にしてなんぼだよね。
もともとコストパフォーマンスの良かったX220に、手前味噌でSSD2枚、メモリ1枚、ウルトラベースにマウンタと色々手を入れたけど、総額で15万円もかかってない。
15万円でデスク作業からモバイルまでこなせるオールラウンダーなPCが手に入ったわけで、こいつは超満足ですよ。っと。
PCも安くなったもんですねえ。
関連記事
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://frommii.blog28.fc2.com/tb.php/1016-c691a916
当ブログへのトラックバックは記事もしくはブログトップへのリンクが必要となります。
また、当ブログへのリンクの無いトラックバックは削除する事があります。あらかじめご了承ください。

0件のトラックバック

0件のコメント


コメントの投稿

現在"http://"を投稿規制しております。URL記入の際はhttpを抜きにしてご記入ください。
投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Mii

Author:Mii
Odinサーバーで活躍中のミスラです。
狩シ赤と60まで上げてきましたが、どうやら赤魔が性に合っているようです。

ツイート

OdinLinks

月別アーカイブ

09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索